日記 男女の問題

マッチングアプリまとめ

2018/07/01

出会うためにやるべきいくつかのこと

さて、いざマッチングアプリをはじめたとして、出会うまでの流れや
私なりに気をつけていたことをいくつか書こうと思う。

写真は複数枚

私は被写体になることがあまり多くないので適当なものを探すのに苦労したが
少なくとも自分が写っているものを複数枚アップした方が良い。
相手も、盛り写真じゃないのかどうかは多少は気にする。

目安は、自分が大きく写っているもの2枚と、友達と写っているもの1枚程度。
友達がちゃんといる人の方が安心してもらえる。ただし、友人の顔は修正してちゃんと顔がわからなくしてあげよう。

残りは趣味の写真とかを適当に。数は多めの方が話題にはしやすいが、そんなに見られてない気がする。

参考までに、自撮りはNG。
ナルシストっぽく映ってしまうらしい。

自己紹介テキストは真面目に書く

当たり前かもしれないが、結構大事なことだ。
包み隠さず言えば、私は顔写真がカワイイ子のプロフィールテキストの内容はさほど気にしていない。
どうせ会うまで中身など分からないと割り切っている。

一方で女の子は中身をちゃんとチェックしている印象。
実際、始めた当初プロフィールの書き方が適当だったからか、全然マッチングしなかった。
「恋愛に対する姿勢」の真剣さを女の子は重視する傾向にある。
自分を知ってもらうために誠実に書いてます感を出すことが重要。

何度か書き直して、反応を伺うのが良い。
ですますで書くのか、口語表現を使うのかだけでも印象がたいぶ違う。
自分に合ったキャラ設定をしておかないと、後で困ることになる。

私は普段は句読点以外はあまり使わないが、文面が暗くなりすぎるので
多少絵文字を使う今の形に落ち着いた。

自分の情報にある程度の穴あけを

出会うまでに、すぐにLineを教えてくれる女の子は多くない。
何度かメッセージをやりとりすると、会う約束をしてくれる。
私は面倒なのですぐ会いたいがそこは付き合うことにしている
そのやりとりの中で、メッセージを途絶えさせず、話題がつきない印象を与えるのは大事だ。
そのために、自己紹介については多少抽象的にして、相手が質問する「穴」を開けておいた方が良い。

例えば、趣味については
「スポーツ」などと書いてあると「どんなスポーツが好きなんですか?」と聞きやすいが
「野球」と書いてあると、もし野球が好きじゃない女の子は何を聞いて良いのかすら分からないかもしれない。
(逆を言えば、相手を野球好きに絞りたいのであればアリな書き方ではあるが。)

相手がプロフィールを見て、こちらに送るメッセージを考えやすいようにすることが大事だろう。

いざ!初回に出会う時の場所選び

何日かかけて、メッセージのやりとりをし、ようやく出会えることになった時。
お店は男性が予約するのが無難だろう。よって男性はどんなお店を選べば良いのかという悩みに晒される。

お店のタイプ

どんなお店が好きなのかは女の子によって異なる。
もし、好きな食べ物など事前に分かっている情報があるのであれば合わせるのが良いが、あまり情報が無い時は選択肢を相手に渡してしまうのが良い。
タイプの違うお店のURLを3つほど送ると、だいたい1つだけ消して帰ってくる。
残り2つは少なくとも無しではないと思うので、どちらかを適当に選べば大外れはしない。

ここで注意したいのが、「居酒屋デートあり」みたいに書いている女の子でも、多少雰囲気の良いお店を選んだ方が無難。
本当に赤提灯がアリな女の子であっても、始めて出会う男性ととなった時は多少は意識も違うのが厄介

席の場所

コミュニケーションに自信のある人にはあまり関係が無いかもしれないが
個人的に必ずやった方が良いと思っているのが、カウンターなど隣に座ることができる席を予約すること。
会話が一瞬止まった時に、視線を逃すことができるからだ。
初対面の相手に対してだと、短い時間であっても会話が止まる時間が気になったりする。
相手の女の子も、きっとその方が気兼ねなく話すことができる。

次ページ:私の薦めるアプリ

ブログ村

ブログ村PV

PVアクセスランキング にほんブログ村

-日記, 男女の問題
-

ページ: 1 2 3