日記

SIにたくさんお金をかけるのは当たり前ではないらしい

5年ほどからシステムインテグレーションはクラウドへ
という流れでしたが、ここ数年で実際に見かける場面が大きく増えたように思います。
まだまだ成長してゆく分野ながら、局所的には成熟期に至りクラウドを使った
社内システムの在り方が定式化してきているように思います。

さてこのクラウドの仕組みですが、一度導入したら今までのように
ハードウエアの耐用年数を心配する必要がなくなり、移行の類にかかっていた大きな工数を
削減することができます。
クラウドストレージの価格の下がり方も顕著で、今後どんどん増えると思われる
業務データの保存先としてはうってつけです。

そんなクラウドの仕組みですが、導入に際し一つ大きなハードルとなっていたのが
「バージョンアップは基本的にサービス提供側主導で行われてしまう」ということだったと思います。
クラウドの仕組みを業務に合わせてカスタマイズすると、
ある日サービスベンダーがプラットフォームをバージョンアップし、たちまち動かなくなってしまいます。

そんなことを私が理解し始めた今日この頃、
ホリエモンがネットかテレビで話しているのを見かけました。

概要はこんな感じだったと思います。

Livedoor当時SAP(会計系ソフト)をほぼカスタマイズ無しで使っていたた。
日本の企業はソフトを業務に合わせるから高い、ソフトに業務を合わせれば安く済む。

なるほどーーーーー

私もクラウド絡みの商材を売る時は、仕事をある程度ソフトに合わせる必要があると
最近になって理解してきました。
それを堀江さんはLivedoor時代(何年前?)に言っていたというのだからさすがすぎる。
今だから普通に理解されますが、当時の国内SIerはキョトンだったのではないでしょうか。

最近ホリエモンチャンネル等よく見るようになったのですが
すごくパワーをもらえる感じがします。

応援の意味を込めてメルマガ登録しようかなと思った今日この頃でした。

おしまい

ブログ村

ブログ村PV

PVアクセスランキング にほんブログ村

-日記