Powershell Windows Server 仕事

Powershellで参加しているドメイン名を取得する

2017/04/02

最近気づいたことがある。
ラーメン食べた記録はあんまりアクセスが伸びない。
Windowsやスクリプティングの話の方が需要があるよう。

ということで、仕事で調べたりしたことをもう少し書いてみることにした。

さて、表題の件。
汎用的にスクリプトを作ろうとして、環境から値を取得したい場合が多々ある。
今回はドメイン名がほしいという大したことない話なのだが、それでも少し調べたので記録する。

① 以下を実行すると、環境変数が一覧で取得できる。
Get-ChildItem -Path env:

結果はこんな感じで出力される。

Name Value
---- -----
ALLUSERSPROFILE C:\ProgramData
APPDATA C:\Users\
asl.log Destination=file

・・・・

特定の値だけ取り出したければ、Where-Objectを使う。
以下を実行すると参加しているドメイン名が取得できる。
(Get-ChildItem -Path env: | Where-Object {$_.NAME -eq "USERDNSDOMAIN"}).value

上記だと
hogehoge.local

のような形で結果が出力される。
Active Directoryの管理をしていると、DN名で値が欲しくなることもある。
②そんな時はGet-ADDomainコマンドを使う。

(Get-ADDomain | Select-object DistinguishedName).DistinguishedName

上記だと
DC=hogehoge,DC=local

のような形で出力される。

1つ目の方法はクライアントでもドメイン名が取得できるがに
2つ目の方法はAD管理用のPowershellモジュールが必要なので
用途に合わせて使い分けることになる。

おしまい

ブログ村

ブログ村PV

PVアクセスランキング にほんブログ村

-Powershell, Windows Server, 仕事