仕事 日常の悩みを解決する何か 日記

遅刻をした。

先日のことである。

連日のように遅くまで仕事をしていた。
疲れが溜まっている中、この日も明け方帰宅した。

翌日の約束は朝10時。
目覚ましをギリギリの9時にセットし、朝5時に就寝した。

起きられるかな、そんなことを思っていながら床につく。

何時間経ったのか
よく分からないまま、あたりの変化に気がつく。

明るい。

そもそも、目覚まし時計の音で起きないのが不自然だ。
悪い予感がして、恐る恐る時計を見ると、9:30頃であった。

僕の家から、アポント先まではどうやっても30分はかかる。

遅刻だ。

とにかく連絡をしなくてはいけない。
サラリーマン経験がそう言っている。

お客様先には、僕ともう一人の女性で行く予定だった。
携帯でメッセージを入れると、すぐに返事があった。

「寝てていいよ」

ありがたいとは思いつつ
僕はこう思ってしまった。

それなら初めから起きなくてもよかった。

前々からサラリーマンの活動の多くが、非合理的だとは思っていたが
改めて僕は自分の存在価値について考えるようになった。

なんのために僕は予定していたんだろう。

こんな仕事は僕がやらなくても良いと思った。
技術が発達した時に、機械にとって替られる仕事筆頭じゃないか。
こんなことをやっていてはダメだと思った。

仕事ってなんだろう
働くってどういうことだろう

そんなことを考え
きっと今日も僕は眠れない夜を過ごす。

僕はワクワクするような楽しいことがしたい。

ブログ村

ブログ村PV

PVアクセスランキング にほんブログ村

-仕事, 日常の悩みを解決する何か, 日記