日記

日本の教育

2016/06/04

間違えてはいけない

こんな気持ちが結構自分の中で未だに支配的だなとよく思う。

日本は減点方式だから良くないと良く言われるが、この意見には私も賛成する。

社会人になってからも、会社の仕組みをよく見ると結構減点方式になっている。
「意見ある人」「質問ある人」という時に、誰も手を挙げないような場面は、小さい時から今までずっと日常的。

今日も会社の減点方式の仕組みと戦った。
上司にアホらしいからやめろ(のとても柔らかい言い方)と言ったが、まぁどうにもならない。

日本のサラリーマンは端的に言うと、間違えなければ上に登っていくもんだと思う。
与えられた仕事を、間違えなくこなせばそれで良い。
逆に間違えれば減点くらって徐々に昇進が遅れる。
再逆転はないので、絶対に間違えてはいけない。そんなのはとても息苦しい。

そういえば、「勉強しないと〇〇」って定形句だと思う。ここからもう減点方式が始まっている気がする。

自分の子供には、「□□したら〇〇だよ」とか、積極的な意味を持てるような表現で教えたいと思った。□の中はいわゆる勉強でなくて良い。自由な発想を伸ばしてやりたいなぁ。

おしまい。

ブログ村

ブログ村PV

PVアクセスランキング にほんブログ村

-日記